スマホ博士の日常

スマホとSKE48を愛する北国のスマホ博士のブログです。スマホの事をあまり専門用語使わないように説明したり、日常でスマホや周辺機器を使ってて感じた事を書いてます。スマホの他に、名古屋が本拠地のアイドル『SKE48』関連の話題や、旅行・食べ物に関する事も書いてます。

SNSって何? 初心者向けにざっくり説明!


スポンサードリンク

今更だけどSNSって何?
という疑問に思う人もいると思うので
解りやすくざっくりと説明します
(個人的な観点が含まれますw)


タイトルにもある
SNSとは?」という事を説明すると
色んなサービスを含みます

ソーシャルネットワークサービス
と言われてもなんのこっちゃですが
簡単な言い方をすると
「人と人を繋ぐサービス」の全部がそうです


今回はその中でもSNSといえば
人と人がやり取りをする代表格
Facebook」「Twitter」「Instagram」「LINE」
この四つをかな~りざっくり取り上げます(笑)


f:id:kahruvandoll:20200615013702j:plain

この四つ
全部使ってます!
という人にはあまりお目にかからないです
(自分くらいw)

どれも、フォローと言って
誰かと繋がる事で投稿やメッセージを
発信したり共有するサービスです

先に結論を言ってしまうと
友人や知人が使ってるから使う
という人がほとんどかなと思ってますが
実はこのサービスって
こんな感じなのよ!

っていうところを説明していきます(笑)


Facebook
写真やコメントを自分のページに投稿すると
自分をフォローしてる人が見れて
見た人が「いいね」や「コメント」を送れるサービス

人と共有する日記のようなイメージかと
近況報告とかが多い気がします

「いいね」っていうのは
その投稿に対してリアクションしたい時に
ポチッと押せるもの
手軽に押せるので便利

「コメント」は読んだとおりそのまま(笑)
投稿に対して何か言葉を伝えるものです

最大の特徴は
自分のプロフィールを作る時に
基本的に「実名登録」という所


出身地、居住地、学歴なども登録出来て
関連する人が「友達ですか?」という感じで
ピックアップされるので
古い友人にばったり!
なんて事もあるかもです


Twitter
短めの言葉をつぶやくサービス
画像(4つまで)や140秒までなら動画も投稿できます

イムリーに起きた事柄をつぶやく人が多く
地震などの災害時はテレビの速報より
状況確認が早く取れるほど

芸能人などが告知に使うケースも多く
自分が大好きなSKE48のメンバーの皆さんも
よくTwitterを利用してるので
様々な情報を得れるツールになってます(笑)

簡単につぶやけるので
あまりよろしくない言葉などを
つぶやいている人をたまに見かけますが
SNSもソーシャルディスタンスを守って
清く正しくつぶやきたいものです


Instagram
実はFacebookを運営している会社と同じサービス
似てはいるものの、大きな違いは
画像投稿が主になっているところ

なので、画像を加工する機能が充実してます

インスタ映え」という言葉が産まれたほどです

これだ! っていう画像を載せて
Facebookと同じように「いいね」を押したり
「コメント」をしたりやり取りが出来ます

最近は、投稿から24時間で消える
「ストーリー」機能が若者中心に流行ってる様子
消えるのが解ってるため
ちょっとした内容でもノリで載せちゃえる所が
ポイントのようです



【LINE】
言わずと知れた
キングオブメッセンジャー(笑)

Eメールからメッセージツールの座を奪った
超汎用的メッセージサービスです(笑)

チャットといって
ひとつの画面上にお互いのやり取りが見える
形式になっており
「スタンプ」というイラストやキャラクターの
画像をペタッと相手に送る事も出来るのも
特徴のひとつです

相手が読んだかどうか解る
既読マークが有るのも特徴

読んだはずなのに返信が無いことをさす
「既読無視」という言葉もLINEが発信源

や、すぐ返信する義務なんて……(笑)



さて、超絶ざっくりな説明でした
伝わったのだろうか(笑)

自分はこの四つを全部使ってますが
中盤で説明したように
使ってる友人や知人によって
よく使うサービスが変わるので
相手によって使い分けてます

あと、マニアックな使い方で
Instagramの投稿のシェア機能というのを使い
Instagramに投稿した時に同時に
TwitterFacebookにも同じ内容を投稿する
という機能を使って一気に投稿する時もあります
(更に言うとTwitterのつぶやきはmixiにもw)

連動させて良い時と悪い時はもちろんあるので
使う時は慎重に(笑)


どこかの機会にはそれぞれのサービスを
少し深掘りして説明したいと思いますので
その時にも読んでいただけたらなぁと思います