スマホ博士の日常

スマホとSKE48を愛する北国のスマホ博士のブログです。スマホの事をあまり専門用語使わないように説明したり、日常でスマホや周辺機器を使ってて感じた事を書いてます。スマホの他に、名古屋が本拠地のアイドル『SKE48』関連の話題や、旅行・食べ物に関する事も書いてます。

Twitterとは? 【今更聞けない基本用語】


スポンサードリンク

今回からTwitterについて連載していきます。
(たまに違うことも書くかも)



f:id:kahruvandoll:20200629123620j:plain
※画像はTwitter画面より



第一回目はTwitterとはなんぞや?
という所とよく使う基本用語について



Twitterとは?】
全角140文字以内の短めの文章の投稿が出来る
SNSのひとつです

主に「今何してる?」といった
近況をつぶやく事を目的としたSNSです

投稿した文章は他のSNSと同じく
自分と繋がりのある人が見ることが出来ます

相手と繋がる
自分が気に入った投稿を相手に繋げる
タグ付けする事で接点の無い相手とも繋がる
などなど
繋がる部分に特化しているサービスなので
拡散力が高いサービスとして
個人利用だけでなく商用利用でも
幅広く利用されているサービスです


ここからは基本用語の説明もしながら
さらにTwitterのポイントを紹介していきます


【ツイート】
自分のアカウントページに
全角140文字以内で文章を書き込むことです
「ツイートする」「つぶやく」などという
言葉で表現されることが多いです

画像、動画なども投稿出来ます
(画像5MB以内4枚まで、動画512MB以内140秒まで)


【フォロー/フォロワー】
フォローは
自分が他の利用者と繋がること
フォロワーは
自分と繋がっている相手ことです

Twitterのサービスの特性から
LINEなどとは違いどちらかが繋がって
お互いが友だち、というようなものではなく

フォローは
その相手のツイートなど情報を
自分が見れるようにしておきたい場合に使います
自分で言うと好きな芸能人(ほぼSKE48)や
お気に入りのお店などのTwitterをフォローして
ツイートを見れるようにしています

フォロワーには
自分がツイートした内容が
後述するタイムラインに随時投稿されるので
自分のツイートはフォロワーには
見れてる事を前提にツイートします
(そこまでガチガチに意識してつぶやく必要は無いですが)

誰かにフォローされた時に
その相手をこちらもフォローしてあげることを
「フォローバック」と呼び
お互いがフォローしている状態を
「相互フォロー」と呼びます


【タイムライン】
(TLと略して表記する場合あり)
Twitterを開いた時に表示される
自分のツイートとフォローしている相手のツイートが
時系列に表示されている場所のことです


リツイート
(RTと略して表記する場合あり)
自分が気に入ったツイートや
意図してフォロワーの皆に拡散したいツイート
それらを自分のタイムラインに載せる機能です

Twitterが拡散力が高いと言われる1番の理由が
このリツイート機能の利用と言われています


【引用リツイート
自分のコメントを入れてリツイートする機能です
ただリツイートするのではなく
それに関してコメントを添えたい時に使います


【リプライ】
誰かのツイートに返信する機能です
当然、その相手に内容が伝わりますので
返信内容は相手を不快にさせない文章で
送りましょう
常にポジティブシンキングで!


【いいね】
誰かのツイートに「いいね」を押す機能で
リプライと同じく相手先には
「いいね」をこの人が押してくれたよ
という内容が伝わります

リプライよりはハードルは低く
コメントまではいかないんだけど
この内容には共感出来るとか良かったなど
相手にリアクションをしたい時に使います

フォロワーのタイムラインにも
「○○さんがいいねしました」と伝わるので
リツイートのり程度の低い拡散力も含んでいます


【ダイレクトメッセージ】
(DMと略して表記する場合あり)
ツイートは見ようと思えば誰でも見れるものですが
ダイレクトメッセージは
相手との1対1のやり取りをする方法です

三者には見れませんので
メッセージツールとして相手とのやり取りを
行うことが出来ます



ここまでが
よく目にする代表的なTwitterの用語と
その内容になります

自身はスマホで1番使うものが
Twitterだったりします

相手の知りたいタイムリーな情報を
すぐに得ることが出来るツールですし
自分の近況も伝えることが出来ます

Twitterが無かったら知り得なかった情報も
あったのかなと思います


部分的な詳細はまた紹介していきますので
宜しくお願い致します!