スマホ博士の日常

スマホとSKE48を愛する北国のスマホ博士のブログです。スマホの事をあまり専門用語使わないように説明したり、日常でスマホや周辺機器を使ってて感じた事を書いてます。スマホの他に、名古屋が本拠地のアイドル『SKE48』関連の話題や、旅行・食べ物に関する事も書いてます。

LINEに新機能が追加! 【Keepメモ】


スポンサードリンク

7月8日に
LINEに新機能が追加になりました!
「Keepメモ」

Keepというと
LINEの中で様々なデータを保存しておく機能のひとつ

似たような名前の付いた「Keepメモ」も
関連したサービスなのかと思いましたが
使い勝手からは別物として考えても良いのかなと
感じたサービスでした



f:id:kahruvandoll:20200709004030j:plain


「Keepメモ」はトーク画面上に
まるでトークのやり取りをしている
友だちの一人のように一覧に表示されます




f:id:kahruvandoll:20200709004154j:plain

LINEのヘルプページを見てみると
少し分かりづらいですが
トークルームの形式を利用した
自分用のメモ帳ということになります


メモを取りたい時に
とりあえず「Keepメモ」に記録しておいたり
画像や動画、ファイルを保存しておくものです



f:id:kahruvandoll:20200709004735j:plain


とりあえず保存しておいたり
買い物リストとして入力しておいたり
使い方は様々かと思います


トークルーム扱いなので
友だちとのやり取りの回数が重なると
トーク画面上の下の方にどんどん埋もれます

せっかくメモを取ろうと思ったら
今度は「Keepメモ」を探すなんて事に

そんな時には


f:id:kahruvandoll:20200709005247j:plain

トーク画面の上にある検索と書かれた枠から
「Keepメモ」や「メモ」などのキーワードで
検索すると出てきます


f:id:kahruvandoll:20200709005201j:plain


いちいち探すのも面倒だし
「Keepメモ」を使う頻度も高いという場合



f:id:kahruvandoll:20200709005428j:plain


トーク画面で「Keepメモ」を長押しします



f:id:kahruvandoll:20200709005718j:plain


ピン留めを選択すると
トーク画面の1番上に固定されます



f:id:kahruvandoll:20200709005751j:plain


トーク画面の「Keepメモ」のアイコンに
ピンのマークが付いていれば
ピン留めされている
1番上に固定になっているという事です


ちなみにお使いのLINEに
「Keepメモ」が無いという場合には
アプリのアップデートを実施して
LINEを最新の状態にすると表示されると思います


最後に
「Keepメモ」に保存した内容は
トーク上から消してしまうと消えてしまいます

「Keep」の一覧には自動的に表示はされますが
これも完全に保存されてる状態ではありませんので
「Keep」の一覧にあるデータ毎に
データの右上に、縦に点が3つ並んだマークを押して
メニューを出します



f:id:kahruvandoll:20200709010854j:plain

こちらのメニューから
「ピン留め」
「コレクションに追加」
「端末に保存」
などを選ぶと保存出来ます



f:id:kahruvandoll:20200709011437j:plain

ピン留めは「Keep」の画面の1番上に固定

コレクションに追加とは
「Keep」の1番上にアルバムのように
まとめておく機能です

そして端末に保存は
言葉通り、端末自体に保存する項目です


「Keep」も合わせて使う頻度が高く
探すのに手間をかけたくない場合には
「Keep」をスマホのホーム画面に
表示することも出来ます

方法はLINEのホーム画面の右上にある
歯車のマークを押して設定画面を開きます



f:id:kahruvandoll:20200709011909j:plain

設定画面の真ん中くらいに「Keep」があります



f:id:kahruvandoll:20200709011938j:plain

「Keep」へ進むと
Keepのショートカットを作成という項目があり
こちらを選択するとスマホのホーム画面に
ショートカットを作れるので便利です



「Keepメモ」そして「Keep」

メモアプリを探していたり
今も他のメモアプリを使っているという人も
1度使ってみて使い勝手を試すのも
有りかなと思います

保存容量は1GBですので
大きいデータをたくさん保存するのには
向いていないですが
ちょっとしたメモやリスト作成に
いかがでしょうか?