スマホ博士の日常

スマホとSKE48を愛する北国のスマホ博士のブログです。スマホの事をあまり専門用語使わないように説明したり、日常でスマホや周辺機器を使ってて感じた事を書いてます。スマホの他に、名古屋が本拠地のアイドル『SKE48』関連の話題や、旅行・食べ物に関する事も書いてます。

【Simeji】様々な機能について②


スポンサードリンク

今回はキーボードアプリ「Simeji」の
様々な機能についての説明の続きです


f:id:kahruvandoll:20200911005247j:plain


「リアルタイム翻訳」
こちらは翻訳機能です



f:id:kahruvandoll:20200912005853j:plain

「日本語」から「英語」「中国語」「韓国語」に
翻訳が出来ます(その逆も)



f:id:kahruvandoll:20200912010010j:plain

翻訳したい言葉を入力して「翻訳」を押すと
すぐに翻訳された言葉が出てきます





f:id:kahruvandoll:20200912010409j:plain

次は「1行変換候補」
こちらは呼んだままの内容です




f:id:kahruvandoll:20200912010720j:plain


この項目をオンにしておくと
変換候補が1行に表示されます



f:id:kahruvandoll:20200912010739j:plain

オフにしておくと
変換候補は2行に表示されます

Simejiの変換候補は初めは2行でしたが
1行の方が押し間違いがなく
使いやすいという人のために追加された機能です




f:id:kahruvandoll:20200912011111j:plain

次の「文字認識」ですが
これはカメラで写した文字を認識して
入力する機能です

Simejiの有料コース「Simeji VIP」加入者用の
機能になります(月額400円)




f:id:kahruvandoll:20200912011426j:plain

続いて「片手入力」

こちらは片手で文字入力が出来るように
キーボードを右寄せにしたり左寄せにしたりできます


f:id:kahruvandoll:20200912011526j:plain

自分の使いやすい位置に寄せることが出来ます



f:id:kahruvandoll:20200912011722j:plain

次の「キーボード高さ」を選択すると
上の図のようにキーボード部分がグレーになり
その上部、ちょうど真ん中辺りの
ボコッとなっている部分を押しながら
上に引いたり下に引いたりすると
キーボードの高さを調節出来ます




f:id:kahruvandoll:20200912085624j:plain



上に最大まで引き上げるとこんな感じ



f:id:kahruvandoll:20200912012050j:plain

一番下まで引き下げるとこんな感じです

操作感の問題になるので
自分好みの高さにするのが良いでしょう




f:id:kahruvandoll:20200912012237j:plain

次の「フリックのみ」
こちらをオンにすると
フリック入力しか出来なくなります



f:id:kahruvandoll:20200912012400j:plain

つまりはケータイのような入力方法だと
同じあ行の部分を数回押すと
あ→い→う→え→お
という風に押した回数で変化していきます

これをフリックのみにして
同じくあ行を数回押してみると
あ→あ→あ→あ→あ……
何回押しても同じです

この項目は完全にフリック入力しか使わない人向けの
機能になります



まだまだ続くSimejiの機能説明

今回はここまで!