スマホ博士の日常

スマホとSKE48を愛する北国のスマホ博士のブログです。スマホの事をあまり専門用語使わないように説明したり、日常でスマホや周辺機器を使ってて感じた事を書いてます。スマホの他に、名古屋が本拠地のアイドル『SKE48』関連の話題や、旅行・食べ物に関する事も書いてます。

【格安スマホ】SIMカードのみ契約した場合にはSIMカードは何処に入れるか?


スポンサードリンク

格安スマホは、持っているスマホ
そのまま利用することが出来ます
(利用出来るものとそうでないものは有ります)

その場合にはSIMカードのみの契約になります


格安スマホの契約のほとんどはWebからですが
何社かは店頭申し込みも出来ます

どちらで契約をされても
自分の知る限りはSIMカードのみ届くか
店頭で渡されます

そのSIMカードは自分自身で
契約時にSIMカードと一緒に渡される
手順に沿ってスマホ本体に差し込み
設定をしたら使える状態になります



f:id:kahruvandoll:20200926005502j:plain

手順書などには記載されているとは思いますが
SIMカードは何処に入れるのかというと
大概、スマホ本体の側面に
画像のような丸い穴を囲うような
1センチくらいの枠があります

その部分がSIMカードトレイになっており
そこにSIMカードを入れます



f:id:kahruvandoll:20200926005830j:plain

枠の近くにあるその丸い穴に
本体に付属しているピンをグッと差し込むと
SIMカードを入れるトレイが飛び出てきます
(ピンを使わず爪で引っかけて取り出す端末もあります)


f:id:kahruvandoll:20200926005937j:plain

SIMカードトレイには
SIMカードが1つ入るタイプと
2つ入るタイプがあります

2つ入るタイプについては
どちらにSIMカードを入れても問題ないです




f:id:kahruvandoll:20200926010133j:plain

SIMカードは1箇所だけ欠けている形をしているので
上手くハマる向きに入れてから
スマホ本体に差し込みます




f:id:kahruvandoll:20200926010239j:plain

最近の端末でしたら
SIMカードを差し込み電源を入れると
APN設定という
必ず設定しないと通信が使えない設定の画面が
自動で表示されます
※表示されない時は手動で「設定」を開き
「モバイルネットワーク」→「APN」から
それぞれの通信会社で定められた内容を入力します
(設定内容は各社ホームページか問合せ先へ)



f:id:kahruvandoll:20200926010636j:plain

SIMカードが2つ入るタイプのスマホでしたら
設定画面にSIM1とSIM2で区別して表示されます


まとめると
SIMカードを入れ電源を入れる
そしてAPN設定をする

これだけで必要な設定は終わりです


SIMカードを入れているのに認識されない
本体に入ってないと表示される場合には
スマホ本体にSIMロックがかかっている
可能性があるので
そのスマホを購入した携帯電話会社に
確認が必要かと思います


ちなみにAPN設定とは
アクセスポイントネーム設定の事で
そのSIMカードの携帯電話会社が扱う
通信を使うための電波をつかむ為の設定です


iPhoneにはこのAPN設定という項目が無いので
その設定自体をデータ化した
プロファイルデータを直接ダウンロードします

このデータは
格安スマホ各社のホームページにあるので
先にWiFi経由でiPhoneにそのデータを入れないと
格安スマホの電波での通信が出来ません

なので
格安スマホを契約してiPhoneを使う場合には
WiFi環境が必要です

自宅や職場に無い場合には
店舗や出先にある公衆WiFiを利用しましょう