スマホ博士の日常

スマホとSKE48を愛する北国のスマホ博士のブログです。スマホの事をあまり専門用語使わないように説明したり、日常でスマホや周辺機器を使ってて感じた事を書いてます。スマホの他に、名古屋が本拠地のアイドル『SKE48』関連の話題や、旅行・食べ物に関する事も書いてます。

【2020年版】スマホのバッテリーについての知識②


スポンサードリンク

スマホは時代と共に進化しており
普及し始めはもちが悪く
直ぐにバッテリー残量が無くなるという
イメージが強かったですが
今はそんな事はありません


とはいえ
気がついたらバッテリーが結構無くなってた
なんてことも経験がある方もいると思います


今回は
スマホのバッテリーが無くなる原因を何点か
まとめてみました


スマホのバッテリーが減る原因」

①動画、ゲーム、カメラの使用頻度

モノによりますが
まずは動画、ゲームの使用頻度が高ければ減ります
当たり前ではあるんですが
使用頻度が高い人は、使うなとは言いませんが
充電器を持ち歩くなど対処が必要です

また、カメラの使用は実はバッテリーを消費します
カメラの連続使用などはスマホの本体も
熱くなってたりすることはあります


②移動が多い

スマホは移動すると移動先の基地局を探し
その場所毎の1番近い基地局に繋ぎます

移動距離が長いと基地局から基地局への
繋ぐ頻度も多くなるため
それがバッテリーを消費する原因になります

長距離移動の時などは
モバイルバッテリーなどの充電対策も
必要かも知れません


③熱い場所、寒い場所に長時間放置する

スマホのバッテリーは高温や寒い所に弱いです

直射日光の当たる場所での使用や
冬などは外での使用は
なるべく控えた方が良いです

夏の車内に放置なんていうのは以ての外です

冬に外でスマホの操作をしてはいけないとまでは
強くは言いませんが、
特に気温0度以下の場合などは
バッテリーには良くない事は知っておきましょう



一昔前は
スマホは裏で色んな物が動いてるから
バッテリーを消費するという事を言われてましたが
最近のスマホはそう言った部分を
スマホ自体が管理、制御出来るようになってます
※製品によって差はありますが

そうは言ってもアプリケーション自体が
悪さをする特異なモノも無きにしも非ずです

そんな場合には
裏で動いてるアプリを停止させると良いでしょう

この辺も各メーカーさんが
予め機能の1部としてスマホに備えてたりします


GALAXYだと
「設定」の中にある「デバイスケア」という項目


f:id:kahruvandoll:20201009230858j:plain

こちらから裏で動いてるアプリなどを停止させたり
不要なシステムデータを削除して
本体内部を軽くしてくれたりします


制品自体にこういった機能が付いていなければ
「クリーナー」「バッテリー管理」などで
ストアからアプリを検索してみると
似たようなものがたくさんあります


いずれにしても
バッテリー持ちが気になる環境
例えば遠出をしたりする場合には
充電器やモバイルバッテリーを持ち歩き
対応する事も必要かも知れません