スマホ博士の日常

スマホとSKE48を愛する北国のスマホ博士のブログです。スマホの事をあまり専門用語使わないように説明したり、日常でスマホや周辺機器を使ってて感じた事を書いてます。スマホの他に、名古屋が本拠地のアイドル『SKE48』関連の話題や、旅行・食べ物に関する事も書いてます。

【PSEマーク】数年前に購入したモバイルバッテリーは確認を!


スポンサードリンク

最近はモバイルバッテリーを利用する人が
増えたような気がします


多い人だと2、3個持ち歩いてるという人も
いるみたいですね




f:id:kahruvandoll:20201013002137j:plain




以前、紹介したような
モバイルバッテリーのレンタルなんていうのも
ここ最近よく目にするサービスかなと思います



f:id:kahruvandoll:20201013002050j:plain




そんなモバイルバッテリーですが
数年前に購入した物に関しては
注意して欲しい点がひとつあります



PSEマーク」が付いている品物かどうかです



f:id:kahruvandoll:20201013001532j:plain


PSEとは「電気用品安全法」の事です

電気用品は電気を扱うものですから
製品の品質や使い方を誤ると
火事や漏電などで火傷や感電といった
事故の危険性も出てくる可能性があります

こういった事象を防ぐために設けられたもので
2019年2月より、モバイルバッテリーにも
取得が義務付けられているものです


このPSEマークがない物は
製造、輸入、販売が出来ないようになっています


使用に関してはというと
実際のところ問題はありません


ただし、メルカリやフリマなどで
使わなくなったモバイルバッテリーを
販売する時には法律に引っかかります

リサイクルショップなどでも
買取不可の製品として扱われます

PSEマークの付いていないモバイルバッテリーを
飛行機など持ち込めるのかも調べて見ましたが
今のところ規制はないようです



PSEマークの付いていないモバイルバッテリーで
今後不要になった場合には処分するしかないようです

処分方法は
家電量販店などに設置してある
リサイクルボックスなどで回収してくれるので
そちらに持っていくと良いと思います

家庭ゴミでは出せません
ゴミ収集車が収集した時に爆発する恐れがあるので
出さないようにしましょう