スマホ博士の日常

スマホとSKE48を愛する北国のスマホ博士のブログです。スマホの事をあまり専門用語使わないように説明したり、日常でスマホや周辺機器を使ってて感じた事を書いてます。スマホの他に、名古屋が本拠地のアイドル『SKE48』関連の話題や、旅行・食べ物に関する事も書いてます。

iPhone11とiPhone12の違いを簡単に簡潔にまとめてみる


スポンサードリンク

いよいよ発売間近の今年の新型iPhone
「iPhone12シリーズ」

多くの人が気になるのは
去年のモデル「iPhone11」とは
どのくらい違いがあるのか?

それによって多少安いiPhone11を購入した方が良いのか?
新しいiPhone12を購入した方が良いのか
分かれるところ

細かいスペックの差の紹介は
色んなところで紹介されてるので
このブログでは「簡単に」「簡潔に」をテーマに
2つのiPhoneの違いを紹介していきます


【CPU】(A13Bionic→A14Bionic)
CPUというと、操作した時の動作、反応が
関係してくるモノです
なので、iPhone12の方がサクサク操作が出来ます

ただ、iPhone11もスマホとしては
なんの問題もなくサクサク操作が可能です

iPhoneヘビーユーザーが、
より快適な操作感を求めるならばiPhone12
一般のユーザーであれば
そんなに重きを置く項目ではありません


【5G通信に対応】
次世代通信規格である5Gに対応しました

ですが、5Gはこれからエリアを拡大していく最中
こちらも既存の4Gエリアでも
一般的なスマホの通信は問題なく利用出来ます

今後のエリア拡大も視野に入れて
通信を多様に、多用する人向けです


【カメラ機能の向上】
簡単に言うと、より綺麗に写せるようになります

もう少し詳しく説明すると
これまで暗い所で写すナイトモードで
超広角、広角を使えるようになります
あと、ナイトモードで人物などを
綺麗に写せるようになります


【ディスプレイ】(液晶→有機ELディスプレイ)
液晶に比べると有機ELディスプレイ
暖かみのある発色に強い印象を受けます

暖色系統がくっきり明るく映ります


【本体】
iPhone11とディスプレイサイズは変わらず
薄く、軽くなりました

また、背面にマグネットを搭載したMagSafe搭載で
マグネットに対応したワイヤレス充電器や
カードケースといったアクセサリーにも対応


【ガラス強度の向上】
「セラミックシールド」という新しい技術で
独自のディスプレイを搭載
対落下性能が向上
傷が付きにくくなった




ざっくりだとこのくらいかなと思います
人によって何処を重要視するかで変わると思います


ディスプレイが有機ELディスプレイ
変わった所などは毎日見る画面なので
明るく発色の良い画面の方が
見やすく使いやすいのかなと思います

あとは、本体のデザインが
iPhone5iPhone5Sを思わせるような
角張ったデザインになりました

この辺のデザインは
iPhone5時代の方が好きだったという
ユーザーもいるのでポイントかも知れませんね