スマホ博士の日常

スマホとSKE48を愛する北国のスマホ博士のブログです。スマホの事をあまり専門用語使わないように説明したり、日常でスマホや周辺機器を使ってて感じた事を書いてます。スマホの他に、名古屋が本拠地のアイドル『SKE48』関連の話題や、旅行・食べ物に関する事も書いてます。

iPhone12シリーズ 大きさはどんな感じなの?


スポンサードリンク

あと数日に迫ったiPhone12、iPhone12Proの発売日

16日から予約受付も始まっており
購入者側も販売店側も予約合戦が始まってます


購入者側としては
今回発売になるiPhone12シリーズ
四種類のうちどれを買うかが悩みどころ

そのポイントのひとつがサイズかなと思います

今回はそのサイズに焦点を当てて紹介していきます


【ディスプレイサイズ】

・iPhone12 mini 5.4インチ
・iPhone12 6.1インチ
・iPhone12 Pro 6.1インチ
・iPhone12 Pro Max 6.7インチ


過去のiPhoneと比較するならば
ディスプレイサイズの小さい順からこちらになります

iPhone5/5S、iPhone SE
4インチ

iPhone6/6S、7、8、SE(第2世代)
4.7インチ

iPhone12 mini
5.4インチ

iPhone6 Plus/6S Plus、7 Plus、8 Plus
5.5インチ

iPhone XiPhone Xs、iPhone11Pro
5.8インチ

iPhone XR、iPhone11、iPhone12、iPhone12Pro
6.1インチ

iPhone Xs Max、iPhone11Pro Max
6.5インチ

iPhone12Pro Max
6.7インチ


インチ数だけで並べてみると
一昔前のiPhone5~iPhone8などと比較しても
大型化した感じがしますが
ディスプレイのベゼル部分
画面の端っこの部分ギリギリまでが
ディスプレイになっている分
手で持った感触はコンパクトになっているのが
今のiPhoneの特徴です


さすがにiPhone12 Pro Maxまでいくと
かなり大きめのサイズ感にはなりますが
iPhone12やiPhone12Proだと
思ったほど大きく感じないという印象です


片手操作を重要視して選ぶユーザーには
iPhone12 miniといった感じで
大きさでいうなら全てのニーズを抑えています