スマホ博士の日常

スマホとSKE48を愛する北国のスマホ博士のブログです。スマホの事をあまり専門用語使わないように説明したり、日常でスマホや周辺機器を使ってて感じた事を書いてます。スマホの他に、名古屋が本拠地のアイドル『SKE48』関連の話題や、旅行・食べ物に関する事も書いてます。

【eKYC】を楽天モバイルが導入! これって何?


スポンサードリンク

11月4日、楽天モバイルが携帯電話会社としては
初めて「eKYC」を導入すると発表がありました


「eKYC」とは
「electronic Know Your Customer」の略で
オンライン上で行われる本人確認の仕組みの事で
既に銀行や証券会社では取り入れてる企業があります


携帯電話会社でいうと
通常は店頭で本人確認書類を提示
対面する販売員の方がご本人である事を
目視で確認する


これをオンライン上で確認するのが「eKYC」で
スマホなどの端末で専用サイト、またはアプリ等から
本人確認書類と、ご契約者本人を撮影するというのもの


撮影手順や項目は各種サービスで異なるが
業界に近いものだとLINEペイやメルペイ等で
「eKYC」が導入されている


今回の楽天モバイルのような
携帯電話会社が「eKYC」を導入する背景には
「eSIM」の利用促進なども関係してくるのではと
予想されています

ネットで契約申し込み、本人確認まで
スムーズに完結させる事が出来る仕組みを導入し
店頭での契約以外の場所からユーザーを獲得する
効率的な方法だと思われます



まだ他の携帯電話会社は明確な方針は
出してきていませんが
それぞれオンラインで契約をする販路は
持っているので
いずれは導入もあるのではと思います


オンラインでの携帯電話の契約が促進されれば
わざわざ店頭に行かなくても契約出来る
メリットはありますが

携帯電話の契約という複雑怪奇なものに対して
「難しいもの」という思想を持っている人たちには
店頭契約の存在は、心強い味方ではないかなと思います